RECOMEND
You are here: HomePromotion週別ソーシャルまとめこれは面白いと唸ったソーシャルキャンペーンまとめ

これは面白いと唸ったソーシャルキャンペーンまとめ


みなさん、こんにちは。

本日は、久しぶりにソーシャルを使った面白いキャンペーン・プロモーションをまとめてみたいと思います。

過去にもいくつかまとめ記事を書きましたが、当時と比べて活用の方法も手が込んできたように思います。

 

おでんクーポンで行く!あきこちゃんのお兄ちゃん聖地巡礼の旅 – ローソン

まずは、業界の中でも積極的にソーシャルメディアを活用しているローソンのキャンペーンです。

この企画、あきこちゃんのお兄さんが聖地巡礼として全国を旅するというもので、foursquareを利用し各地にチェックインしていきます。
チェックインするのがお客ではなく、企業側だというのは面白いですね。

そしてあきこお兄ちゃんはTwitterと連動したQ&Aサービスのおけったーを使い、各地で質問を投稿します。ユーザーはそれに答えることでクーポンを獲得できます。

キャンペーンは今年の夏に約一ヶ月かけて行われ、その模様はtogetterのまとめでみることができます。
道中、Instagramによる写真投稿などもあり、様々なサービスを活用しているのがわかります。

 

FullYell – Jリーグナビスコカップ決勝応援アプリ

こちらはスマートフォンアプリによるプロモーションです。

このアプリを使えば一人でいながら会場の興奮を共有することができます。
仕組みは、以前まとめたテレビ実況アプリに近いですが、チーム同士で応援ポイントを競ったり、プレゼントが当たったりとゲーム性の高いアプリになっています。

試合終了に伴い、現在が公開が停止されていますがまたやって欲しい試みだと思います。

 

たいせつな軌跡 – Symantec

ウイルス対策ソフトNortonで有名なSymantecのキャンペーンです。

Nortonはパソコン内の大切な記録を守るというメッセージを込め、このサービスはソーシャルメディアのデータを基にユーザーの年表をつくります。

一枚目の写真のツリー型だけでなく、ノート、オルゴール、万華鏡といったレイアウトで自分のログを見返すことができます。

 

New INSIGHT争奪!ジャンケンサバイバル – HONDA

こちらはFacebookと連動したアプリです。

その名の通り、ユーザー同士でジャンケンをして戦います。
その中で最も連勝記録をあげた人にHONDAのNew INSIGHTがプレゼントされます。

このアプリの面白い点は、ジャンケンができる回数が決められているところです。
勝てばいいのですが、負け続けるとそのゲージがゼロになり参加不可になってしまいます。そしてそのゲージは友人へこのアプリの招待をすることで増加します。つまり、ゲームをやりこむにはたくさんの友人が必要になります。

また、連勝記録が途絶えても、自分のウォールにINSIGHTのバナーを投稿する事で一度だけコンテニューできたりと、ゲーム性だけでなくプロモーションとしてもとてもよく考えられたシステムになっています。

 

SNSを休んで本を読もう!Reader読書週間キャンペーン – SONY

最後は、SONYの電子書籍リーダーのキャンペーンになります。

TwitterなどのSNSに没頭し、他の娯楽を消費する時間が少なくなったという人も多いのではないでしょうか。
これはそんな人を逆手に取ったキャンペーンです。

キャンペーンサイトにてTwitterログインをすると自分のタイムラインを分析し、その文字量に合った本を紹介してくれます。(ちなみに弊社アカウントでやったところ、夏目漱石の「こころ」でした)
さらに、そこでTwitter 休止宣言し、24時間やりとげた場合プレゼントの抽選に応募することができます。

 

以上、5つのキャンペーンを紹介しました。まだ参加可能なキャンペーンもありますのでぜひお試しあれ。(ただし二宮金次郎に注意されないようほどほどに)


Comments are closed.