RECOMEND
You are here: HomeSocial MediaFacebookRSS GraffitiでFacebookページをグレードアップ

RSS GraffitiでFacebookページをグレードアップ


みなさん、こんにちは。

今までの記事でもいくつか紹介してきましたが、広報にフェイスブックを利用する企業が非常に増えています。

そこで欠かせないのがFacebookページ(旧ファンページ)の存在。これはいわばフェイスブックにおける企業HPです。ここを充実させることで効果的なフェイスブックPRをすることができるのです。

しかし、そうはいってもどうすれば魅力的なFacebookページが作れるのか。
今回はRSS Graffitiを導入し、簡単にリッチなFacebookページを作る方法をご紹介します。

・RSS Graffiti

ブログやニュースのRSSを表示させることはFacebookページを魅力的にする手っ取り早い方法です。そのようなFBアプリは多くありますが、中でもこのアプリはとても見栄えがよくオススメです。

当社のFacebookページもこれを使っています。

早速みなさんも使ってみましょう。

まず、FBページからRSS Graffitiをインストール。

「アプリへ移動」でアカウント認証すればインストール完了です。

次に管理画面で設定を行います。

「+Add feed」をクリック、詳細設定に移ります。

上から順にフィードURL、サイト名、サイトURLを入力します。
その下のStyleで表示レイアウトを変更できます。

Standart – 標準的なレイアウト。記事名・日時・詳細、そして画像や動画のサムネイルが表示されます。

Compact – Twitterのようなレイアウト。記事名と日時が表示されます。

Status updates – 最もシンプルなレイアウト。記事名のみが表示されます。

 

また、「Transform」のタブ「Static text」でポストに追加する言葉を設定することができます。

一通りの設定が済みましたら、「Save」をクリックして完了です。
Facebookページに移動して出来を確認しましょう。

 

そして最後の仕上げにもう一手間。

今の状況ではFacebookページにアクセスしても最初に表示されるのはウォールになっているはずです。せっかくRSS Graffitiを導入しても、ページを見てもらえなかったら意味がありませんね。
そこで、トップページをRSS Graffitiで作成したページに設定します。

まず、初期設定ではRSS Graffitiで作成されたタブ名は「Wall Paper」になっているので、訪問者に分かりやすいようにこの名前を変更しましょう。

画面右にある「Facebookページを編集」をクリック、「アプリ」で一覧が表示されるのでRSS Graffitiの設定を編集、カスタムタブ名の欄に任意の言葉を入力しましょう。

次にRSS Graffitiページをトップ画面に設定します。

同じく「Facebookページを編集」のページ「権限の管理」から「デフォルトで表示するタブ」項目でトップ画面を選択しましょう。

これで全て完了です。

以上、簡単ながら効果絶大なRSS Graffitiの導入方法でした。
RSSで何かコンテンツを発信している人はぜひお試しください。