RECOMEND
You are here: HomeSocial MediaFacebookFacebookページ解析でエンゲージメント率をチェック

Facebookページ解析でエンゲージメント率をチェック


みなさん、こんにちは。

本日は久しぶりにFacebook関連の記事を投稿します。

現在、Facebookページは企業や団体の情報発信には欠かせないものになっています。
作成やカスタマイズ方法については当ブログでも何度か紹介してきましたが、作成後、気になるのはユーザー達の反応ですね。

もっともシンプルな指標としてはいいねの数が参考になりますが、巷ではそれに変わる指標としてエンゲージメント率が注目されています。
これはいいねの数だけではなくコメントや投稿内容を総合的に判断し、ページの活性度を測るというものです。

今回はそういったエンゲージメント率が測定できるサービスをご紹介します。

 

facebook engagement check tool

 

まずはその名もずばりなサービス、ポストの数に対するいいねとコメントの数からエンゲージメント率を割り出します。
アクティブユーザー(ページや記事を見たり、反応してくれた人)の数も分かります。

日本のサービスなので説明もわかりやすく簡単です。

 

buzzref

 

こちらは自身のページの解析だけでなく、他のページとの比較も行うこともできます。
表示される項目は1概要、2ファンの推計、3投稿と反応、4投稿の種類、5人気の投稿、6関連ページとなっておりかなり詳細な分析が可能です。

ただし、他社のページを参照する場合、すでにそのページが管理者によって登録されていることが条件になるようで、今はそこまで日本のページは多くありません。
今後、利用者が増えればデータベースも充実していくことでしょう。

 

Fangager

 

最後はこちらのサイト、右枠にページURLを入力すれば解析が始まります。
このサービス、自分のファンのリストが見れたりと他には無い強みを持ってるですが、解析に一日以上時間がかかるのが玉にキズです。
メールアドレス登録をすれば自動で結果を送信してくれます。

 

以上、三つのサービスを紹介させていただきました。
エンゲージメント率はこれからさらに重要になっていくポイントですので、それを頭に入れて今後のページ活用の際にお役立てください。